n-Relief’s blog

* 夫婦で営む 地域サロンの美容師ブログです *

芯を残す!!

皆さんこんにちは。

 

 

3月になりましたが、今日は寒いです。

寒暖の差が激しいので体調管理に注意ですね!

 

 

お店がオープンして丸5ヵ月が経ち、

以前からのお客様、

また、地元地域のお客様にも少しずつご来店いただけるようになりました。

ご利用ありがとうございます!

 

 

火曜日が休みなので、最近ちょくちょく講習会へ参加したり、

ディーラーさんから新しい技術の導入について話を聞かせて

もらう機会などがあり、積極的に取り組むようにしています。

非常に勉強になります。

 

 

先日はパーマの講習に参加しました。

 

 

お店のコンセプトに合致する内容、

そして目からウロコでした!

 

 

「髪の芯を残すパーマ」

 

・・・・・名付けて

 

アルデンテパーマ」!!

 

 

簡単に言うと、髪の芯に余力を残し、コンディションをキープする・・・

そんなパーマです。

 

事前に自分の髪で試してみましたが・・・・・

 

髪に負担を掛けない、とは どういうことか?!が課題なのですが

やはり、一番の要は「髪の毛の状態を見極める!!」

そして重要な「薬剤のコントロール」!!

当たり前のことながら、コントロールしてるつもりが 何か見落としやすく、

見過ごしてしまう事柄でもあります・・・

 

他に ゴム掛け・巻く加減・クリープ・・・・後処理の方法・・!

 

 

固定観念でコチコチになっていると見落としてしまう・・・・

適材適所ができてこそ、のコントロール・・・

 

 

毎回 当たり前に行っている事の中にこそ、負担を減らすヒントが

ありました。

 

 

残念ながら薬剤を使う事自体が負担ともいえますが、それでも

従来のやり方にくらべて、だいぶ 半減できると思います。

 

 

薬剤の理論・技法・・日々進化していることに追いついていかねば

なりませんが、時には見直し・いろんな方向から考え・実験実証して、

 

それをどう変化させ、お客様に伝えて共有できるかが

大切であり、改めて自分の仕事を振り返り、考えさせられた1日でした。

 

 

少しずつ この技法を取り入れてます。

もっと良くできないか?と研究してます。

 

 

パーマのダメージ、最近のパーマってどうなの?と

思われましたら、ご相談ください。

 

 

たくさんの美容室・美容師さんが ダメージについて

取り組んでいる課題だと思います。

 

当店もベストを尽くして より良く提供させていただけるように

がんばります!

 

 

長文になりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。