n-Relief’s blog

* 夫婦で営む 地域サロンの美容師ブログです *

ブログの書き方って難しい。

皆さん こんにちは😀

 

 

 

昨今、美容師がブログを書くのは当たり前になり、

自分も仕事柄、色々な美容師さんのブログを拝見します。

主に お店の紹介や担当したお客様のスタイル写真、

技術的な事などが多いでしょうか・・・。

 

 

共感したり、考えさせられたり、仕上がりが素晴らしい、

など、色々共鳴します。

 

 

でも、最近 気になることがあります。

 

 

ブログは良くも悪くも匿名で書けるし、

「誰」が「読んでくれているのか」を気にしなければ

自分の思うまま書けます。

 

 

 

気になるのは同業者同士の非難です。

 

 

施術前のお客様の状態について、

前回担当した美容師の

「カットが酷い」、とか 

「こんな矯正の掛け方 最低 www美容師やめろ!」とか。

他に嫌味 多数。

 

 

こういう書き込を よく見かけます。

 

締めくくりは「ウチは○○の薬だから安心!」

 

 

・・・ほんと?!(そんな薬剤見たことない)

 

 

 

載せられたお客様は もしかしたら前回の店では

美容師とオーダー内容が上手く話せなかったかもしれないし、

ホームケアが間違っていてダメージしたかもしれない。

次に美容院に行くまで期間が空いていたら、状態も変わる。

 

 

美容師側も解釈を違えたり、薬は店の方針で「限られた薬剤を使わざるを得なかった」

のかもしれない。

 

 

理由は様々・・・ひとつに絞れない。   

 

 

・・・初回の来店時の状態を見ただけで、ブログに悪く書く

必要あるのか?と思います。

確かに 悪口?を書いた方の施術内容・仕上がりは

完ぺきに見えるし、すごいと思います。

でも 前担当美容師を非難するより、アドバイス的な事を

書いてくれた方が よほど、、、、

 

 

・・・何かしらの理由があって お客様は自分に合う美容室を

探すし、ブログは選ぶ基準にもなるだろうし。

ただ、自分のように同業者の目線で見た時に

残念な気分にもなるし、そのお店には行きたくはないです。

 

 

そんな時に、『自分のブログは?』と、、、

自問自答が始まりなかなか筆が進まず現在に至りました

 

まだまだ充実した内容とは程遠いですが、

読んで頂いてる方々にせめて、

不快な思いで読むブログではなく、

楽しい気分になって頂けるブログを目指します‼️