n-Relief’s blog

* 夫婦で営む 地域サロンの美容師ブログです *

「美容師」 という仕事

こんにちは。

訪問いただき ありがとうございます。

 

12月も後半、皆様 忙しく過されて

いると思います。

体調管理に注意です

 

 

 

今日のブログは文章だけにしようと思います。

 

 

 

 

ある日のこと。

 

 

数年ぶりに友人と再会、お店に来店してくれました。

 

 

パーマをかけたい、とオーダーされました。

 

現状は肩に付くくらいのボブベース。

ゆるくパーマが残っています。

 

スタイル、パーマの掛かり具合の希望、ホームケアは

どんな感じでしているのか、など

を聞きながら、彼女の髪の現状チェック!!

 

 

(ん???なんか・・・変だなぁ・・・???

と感じながら 色々と注意深くチェック・・・・)

 

 

 

ワイワイ近況を話しながら

シャンプーを済ませて、

さぁ~~カットだ

 

 

 

先ほど 気になったところを濡れた状態で見てみると

 

 

 

・・・・・・・・‼️

 

 

 

なんじゃ?!こりゃ?!

 

 

なんという事でしょう。

 

 

全体的にハチから下が へろ~~~んと

なってます。

パネルを引き出してみると・・・・・・・

中間から毛先にかけて ガッシガシに梳いてあります。

 

おまけに・・・つむじ辺りに5センチほどの

短い毛束がピョ~~~ン!

 

 

 

・・・想像してみてください。

自分の髪の毛がへロンヘロンに梳かれて

短い毛がピョ~~ン・・・・

・・・怖いですね。いやですよね。

・・・悲しい気持ちになります。

 

 

 

 

たぶん こんな感じの梳きハサミでガッシガシに

梳いたのでしょう。

(ちなみに写真のハサミは一度に50パーセントくらい

梳けます。主に男性の刈り上げのボカシなどに たまに使用します)

 

 

愛の無いカットです。

 

 

今カットで直せないので、伸ばしながら様子を見ながら

直していくしかありません。

多分、もとの状態に戻るまで1年以上かかると思います。

 

 

前回の美容師さんとの やりとりも聞かせてもらいました。

 

多分、通常であればクレームの対象かもしれないですが、

友人は何も言わず、支払いを済ませ、帰宅したそうです。

 

 

 

なぜなら、友人も 美容師だからです。

(現在 子育て中)

 

 

今回は毛先を整えるだけにして、

パーマをあてました。

パーマでごまかすようですが、

しばらく これで過してもらうように

伝えました。

 

 

お客様もオーダーうまく伝えられない、

美容師側の解釈の間違いなど

 

 

話のキャッチボールが

大事ですし、

髪の毛の状態によって

できる事、できない事、やめておいたほうが良い事、

わかりやすい説明、提案、

仕上がりのイメージを共有する、

など、難しい場合もあるし、

スムーズにいかない時もありますが、

 

理解し、お客様に寄り添える誠実な仕事を

常に心がけていこう。 

 

 

改めて思える出来事でした。