n-Relief’s blog

* 夫婦で営む 地域サロンの美容師ブログです *

Relief キトケアって なに??①

ご来店くださっている

お客様には ご存知の コチラ 

👇✨👇✨👇✨



去年 後半より導入している




< キトケア > 。




いったい、どんなもの なのか??🙄


・ 


……… いつものように、説明を

"" ザックリ ""  いきましょう!☝✨



主な成分は


  

♦♦ キトサン


 → カニやエビ等の甲殻類の殻や            

     イカの軟骨に存在する天然多糖類 


 ♦♦ 髪の毛との相性がとても優れてます。

 

 → 親和性が高く、髪を なめらかにし、

     保水力に優れているので、

     パサつき 軋みを

     軽減し、手触りを良くします。

     続ける事により 髪の毛に

     吸着・同化します。( 皮膜作用 )




↑ 色々な要因で髪の毛が傷むと、

内部の ※間充物質が流失しやすくなり、  

ダメージが進んでしまいます。

( 画像はイメージです。)


そこで、どんな風にキトサンが

サポートしてくれるかといいますと・・・


  

髪の内部は肉眼で確かめられないので

ここまで回復するかは断言できませんが、

※間充物質を補充し、ダメージホールに

浸透して キューティクルをガードします💪



内部に入るだけでは

すぐ抜け出てしまうので、



内部に浸透させた後、毛髪をサポート

するキトサンの仲間であり、

医療現場でも使用する人工皮膚原料の

< キトフィルム >を つけて、

キューティクルを守ります!😤



ガードすることにより、

カラーの色持ち・褪色が一気に進まず、

おだやかに色落ちするので、

髪色が自然に見えます。


パーマの場合も

カール形成を助け、

弾力のある 掛かりになります。



長い話だけでは わかりにくいので、

次回はお店で

このキトサンを使った工程を

写真を交えてお伝えします。


                           

                            → → → 次回へ続く


----------------------------------------------------


※ 間充物質とは



◾キューティクルの内側にあるところで、

    < のり巻き >に例えると、ご飯🍚部分に

    なります。


◾髪の毛に 「 水分とハリ 油分」を与えたり、

    その移動によってパーマがかかったり、

    カラー剤の染料を内部にとどめる

    役割をします。


◾ダメージでカラーの褪色が早まったり、

    パーマのかかりが悪くなるなど、

    髪の毛の中でも大切なところになります。